肥満疲れやすい理由とその改善方法!

肥満疲れやすい理由とその改善方法!

太ってからなんだか疲れやすくなったという人も多いのではないでしょうか?このページでは、肥満になると疲れやすくなる理由、そして効果的な肥満改善方法をお伝えします。

肥満疲れやすい理由!

体重が多いと体への負荷が増すため!

体重が重いと、その分体を動かすのに労力が必要になりますよね。

5キロ重くなれば、5キロのお米を常に担いで動くのと同じ負荷が体にかかっているようなものです。常に5キロのお米を担いで、立ったり座ったり、歩いたり、ましては走ったりとなると相当大変そうなのは目に浮かびますよね。

お腹に5キロの重荷を付けるのも辛いですし、足に5キロの重荷も辛いですよね。

体重が増えると、その分体のどこかに重荷をつけて動くのと同じなので、体へ負担がかかるようになり、同じ行動をとったとしても、肥満でない人に比べて、肥満の人は疲れやすいという訳です。

血行不良になるため!

肥満になると、脂肪が血管を圧迫することにより血の流れが悪くなってしまいます。すると、老廃物や毒素の排出もスムーズに進まなくなり、疲れがたまりやすい体質になってしまうというわけです。

肥満で疲れやすいのを治すには?

肥満に運動は不要?

当たり前ですが、肥満を治すことが第一なのは間違いありません。ただ肥満を治すには、食事習慣と運動習慣の見直しが必要だとされていますが、肥満を治すだけであれば、食事習慣を見直すだけで大丈夫です。

運動しても、大してカロリーを消費できないばかりでなく、運動している安心感と達成感から、運動後は食欲がましてしまうからです。しかも、運動で消費できるのはほとんどが糖質なので、その分甘いものや白米、糖質の多い清涼飲料水をとりたいという欲求がましてしまうのです。

元々太っている原因のほとんどは食生活の乱れなので、それを運動してることでごまかしても根本的な解決にはなりません。現実から逃げず、食生活の乱れを解消できれば、肥満は解消できるのです。

肥満には食生活の改善を!

ダイエットというと短期的な結果を求めたり、頑張ろうとしすぎてしまい、低カロリーなものに制限をかける人が多いですが、そうではありません。

ダイエットとは元々健康的な食事習慣をさします。つまりダイエットとは、痩せることではなく、「健康的な食事をすること」だということなのです。

つまり闇雲に低カロリーなものを摂取するというのはダイエットとは言えません。一時的に、無理やりサラダのみ、○○はダメと、低カロリーなものばっかりとっていても、目標体重をクリアした途端に食事を元の戻したら待っているのはリバウンドのみです。

そうならないためには「バランスの良い食事」が欠かせません。ダイエットには、「食事制限」ではなく「食事改善」です。

ローカロリーのモノだけ、少ない量だけと制限をかけるのではなく、ビタミン、ミネラルは、脂肪の燃焼を助けるので積極的に摂取するようにします。具体的には、緑黄色野菜、海藻類、キノコ類、芋類、魚類をバランス良く摂るようにしましょう。

いきなり1日3食全部頑張って変えようとしても難しいので、はじめは3食のうち1食だけ、バランスの良い食事ができるようにやってみるのもいいかもしれませんね。

早食いも肥満の元!

バランスの良い食事とともに、しっかりよく噛んで食べることも大切です。1口で20回は噛むようにしましょう。

1口20回と決めるだけでは、いつの間にか忘れて早食いしてしまいますので、強制的に早食いをやめるためにも、1口食べたらお箸を置くようにすると、強制的にたくさん噛むことができるのでお勧めですよ。

またいわゆる「ながら食べ」はやめましょう。テレビを見ながら、スマホを見ながら食べることですね。これらをすると食事に神経がいかず、無意識に早食いになってしまいがちなので、食事の時間は食事に集中してじっくり食を味わうことをお勧めします。

これらの食事療法に関しては、「運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割」という本にさらに詳しく書かれているので、食生活を改善するために、一読してみることをおすすめします。

まとめ

無理な食事制限によるダイエットや、流行りのジムにかよって短期間で痩せたとしても、太った原因である食生活の乱れが改善できないことには、再度太ってしまうでしょう。

正しい食生活を身につけることは、一生ものです。肥満が解消されれば、今より疲れにくい体を手に入れることができ、ハリのある1日、活動的な休日を過ごせるようになります。

また、肥満による生活習慣病や心臓病、脳卒中などのリスクから逃れるためにも、食生活の改善をはじめることをおすすめします。

私が勉強になった「運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割」という本でも、デトックスのためにプチ断食を行うことは推奨されていました。プチ断食にも、栄養が思うようにとれないような時にも、酵素ドリンクは強力なサポーターになってくれるでしょう。

「ダイエット=○キロ痩せること」ではなく、「ダイエット=健康的な食習慣」ということだけは頭において、あなたがダイエットに励んでいけることを願っています。

ダイエットにオススメの酵素ドリンク!項目別ランキング

ランキング01

価格が安い順ランキングはこちら

酵素数ランキングはこちら

飲みやすさ順ランキングはこちら

毒

Topへ⇒ぷち断食なび - 酵素ドリンクで苦痛なく短期間で痩せる!
    (おすすめランキングもあります!)

サブコンテンツ

このページの先頭へ